王女に会うことじゃなかったんです

「サタンは、小さい頃、許嫁だったミーティア王女とは、自分の兄弟より仲が良かったんだよ。王女も本当は、サタンと結婚したかっただろうに。銀星の事故で二人には可哀想な事をしたと思うよ」去皺紋

 王子の話を聞いて、加奈は、さらにサタンが遠くの存在のように思えてきました。何かが心にグサリと突き刺さったような感じがしました。
 気持ちを入れ替えなければと、加奈は思いました。トリトンとの約束が叶えられない今、タイタン号を早く見つけ、地球に戻り、地球でグリーン生命体の事を勉強しようと思いました。宇宙の旅でグリーン生命体の存在はますます謎に満ちて、もう一度、初心に戻った方がいいように思えてきたのでした。何より、学生であった加奈は、普通の学生に戻りたくなったのでした。

「あの…サタンは?」
「王女と話があるらしく、朝早くにまた、城の方へ行ったよNeo skin lab 介紹人
“私が加奈とわかったのに会いにも来てくれない…。王女には、朝早くから会いに行くのに…。そうだよね…。私はサタンにとって、あの日助けた厄介者の女の子に過ぎないんだもの。サタンは優しいから…。ただ、面倒を見てくれているだけ。私、何を期待していたんだろう。バカみたい”
 加奈は、心の中でつぶやいていました。
「ああ、そうだった。今日は俺もサタンの仕事を手伝うから、ライと一緒に留守を頼むよ。王様から頼まれたモンスターの退治なんだNeo skin lab 電話