に申し訳なさそうにペコン

「大鴉は、戦い、勝つ為の城。英徳寺は、命を守る為の最後の砦。戦さのやり方が違うのです。この城で、私が役に立てる事は何一つないのです」

幼い童と侮っていた訳ではない。

ただ、この目の前の娘が尋常ならざる存在なのだ。

そう思い知らされる程、つくしには威厳があり、落ち着きがある膠原自生

楓の視線は司へと移り、その眼(まなこ)は、苦笑いをする息子を映した。

「ってわけだ。すまぬ、母上。こいつは見た目と違って頑固で融通がきかねぇ。決めたら岩のように動かぬ堅物よ」

司に頭をクシャクシャと撫でられたつくしは、

「つかささまは、そんなつくしをお嫌いなのですか?」

と、急にしょぼくれた。

そんな彼女を、司は、きゅーっと抱きしめてやる。

「ちげーよ。その律儀で真面目なとこがお前の良いところだ。精々、皆の為に頑張ってやれ!」

「はい!」

司に褒められ、つくしは、頬を赤らめて喜んだreenex 效果

司は、懐から短刀を取り出すと、

「ほら、これをやろう」

とつくしに手渡した。

朱色の鞘には、金彩の鳳凰が施されている。

見るからに高価そうな品に、つくしは、慌てて押し返す。

「だ、駄目です!この様に貴重な物を簡単に人に譲ってはなりません!」

「なら、預ける。俺が戻ってくるまで、肌身離さず持ってろ!いいな?」

短刀をグッと胸に押し付けられ、つくしは、司を見上げる。

自分を見下ろす目は、有無を言わせぬ強さを持ち、つくしを射抜いたNeo skin lab 介紹人