赤ちゃんは元気なの

「優紀様は西門様が傍にいらっしゃると安心して眠ることが出来るんですよ。さあ、いまのうちに西門様もお休みになって下さい」

家政婦は総二郎のために枕とブランケットをソファーに用意し声をかけたHKUE 認可性

「そうさせてもらうよ」

総二郎はソファーに横になると眠気に襲われた。

仕事と病院の往復で満足に寝ていないのは総二郎も同じだった。

窮屈なソファーでは長身の総二郎は熟睡できるはずもなく、うとうとと微睡んでいるとノックの音に目を覚ました。

看護師や医師ならばノックして勝手に入って来るのだが、いつまでたっても扉は開かれない。

家政婦は席を外しているらしく、仕方なく総二郎はソファーから起き上がった。

警備のしっかりした院内だから安全を疑うことはないが、総二郎は訝しく思いながら扉を開けた。

「あ・・・・・」

総二郎は目の前のひとを見て、言葉を失くし立ち尽くしたHKUE 呃人

「総二郎、突然押しかけてすまない」

そこには、家元と家元夫人が並んでいた。

「・・・・・・・・」

総二郎はこのふたりが揃ってなぜここにいるのか分からず、告げる言葉もなく自然と身構えたielts 考試

優紀のことをよく思っておらず、結婚を反対をされ、家元夫人に邸に留め置かれたことを考え合わせると良からぬことになると勘ぐらざる終えない。

優紀と赤ん坊を守るのは自分だと総二郎はふたりを招き入れることはせず、扉の前に立ちはだかった。