客から俺の事を聞いたと言

『デカくなったな』
『懐かしいな』
 なんて口々に言うが、俺にはさっぱり分からない会話だったし、聞こえない振りして紅茶を1人で飲んでいた。
 そんな俺の態度も失礼と思わないのか、
『そうそう、あの時もそんな感じで私達が話しかけても何も反応しなくてねぇ』
『変わらないのねぇdermes 脫毛
 また今日も昔話に花が咲いた客たちが、思い出話の会話を楽しんだ。
 そんな日々が数日続いた。
 その中にいる初日に出会った女性客は、喫茶店の裏でパン屋をしている奥さん(下地さん)で、俺と同じく毎日通っていることを知った。
 下地さんは会話についていけない俺に、いろいろ補足と説明をしてくれる。

『みんなね。類君が病気療養のために宮古へ来た事、最初は知らなかったの。ほら、あそこ辺りって別荘ばっかりだからそんなに付き合いなくてね……。でも宮国さんを通じて、あの誘拐未遂事件が起きたあと、私を含めた何人かは別荘へ類君に会いに行ったのよ』
『なんで?』
『……みんなね。はじめは怒ってたの。勝手にマスターを誘拐犯にした類君のお母さん……花沢さんdermes 激光脫毛を』
 下地さんは申し訳なさそうに話すが、それはそうだろと俺は納得した。
 島民にとっては別荘へ遊びに来た金持ち一家に、身内(島民)を勝手に誘拐犯として仕立てられたんだからさ。
『類君のお母さんがね、息子に無事会えた喜びと、早とちりをして誘拐犯にしてしまったマスターへの謝罪で泣きながら1人1人に頭を下げて謝っreenex 膠原自生價錢てね』
『……母さんが?』