かく差し込む陽の光にヨ

ヨンはゆっくりと身を起こす。
今日は休暇故ゆっくり寝ておれば良いものを‥
寝不足のヨンは小さく欠伸をするとまだその手と体に昨夜の火照りと余韻が残っていた。
やはり‥ウンスは何処かおかしかった。

「ずっと一緒よ。愛してる‥」

そう言われても何故かヨンの中の不安は消えない。濡れた瞳と淋しげな眼差し。確かにウンスは脫髮問題泣いていた。しかし聞いても答えてくれぬのは百も承知。溜息を吐くと笑みを浮かべ小さく首を横に振った。
いや、思い過ごしだ。ウンスが変わった事をすると直ぐ不安になる。俺の悪い癖だ。

ヨンは無理に不安を打ち消すと立ち上がりウンスの元へ向かった。

朝餉は取らぬ主義だが邸では必ず三食食べろと言うウンスにいつも無理矢理従わせられる。だから居場所は分かっていた。

「あ、ヨン。おはよう!」

いつもと変わらぬウンスの笑顔。
昨夜のウンスの様子を心配していたヨンは取り敢you beauty 美容中心えず安堵の溜息を吐く。すると食卓に積み上げられた海苔巻の山がヨンの目に入った。

「俺にそんなに沢山朝から食えと?昨晩沢山食べて余り食欲が‥」
「違うわよ。此れはウダルチ達への差し入れよ。」
「彼奴らに?何故急に‥」

やはり変だ。俺の予感は当たっている。
ヨンは急に顔色を変え、咄嗟にせっせと用意するウンスの腕を掴んだ。

「え?ヨン‥?」
「ウンス。何かあったのだろう。昨晩からやはり変だ。正直に話してくれ!」
俺は心配で堪らない。
「私が変?‥そうかしら。別に何もないけど。ヨンが珍しく家にいるから嬉しいのかな?なんちゃって。それより、はい此れ。」

ウンスは自分を心配するヨンに構わず海苔巻を一つヨンの口に放りHKUE 酒店 込んだ。