愛在不言中

“望向每雙率真眼睛,似看到最動人風景,沒有躁音只得笑聲,散播到最遠的山嶺···”今天的語言課是我在自己班級上的最後一節課,同學們表現並沒有自己所想像的那麼好,但自己掏心掏肺喊天喊地教他們粵語的心情他們應該感受到了。雖然已經下課幾分鐘了,我放出課程總結的時候同學們還是很多人願意抄下來。同學們對粵語歌的接觸比較少,我放出《一對對》和《就算世界無童話》,同學們都非常感興趣。特別是到了高潮部分,很容易的帶動同學們一起唱,我相信喜歡聽歌的人運氣都不會太差,愛聽歌的人性格都不會太差,愛聽歌的人生活都不會太差···

兩首自己精心挑出來在最後一節課教的歌,正是自己給孩子們的心靈寄語。家俊很自覺的拿出筆記本抄起了歌詞,不論是出於興趣,還是處於感動,我都非常的欣慰。但願當他更加成長、成熟的時候,會想起有個大哥哥、小老師,跟他說,夜靜靜眾生伴隨,雨細細有風相聚···Why i smile? Cos you make me smile.就算世界無童話,放下包袱完成它,就來學攀山者有心不會怕。

上班族女人如何為肌膚補水

1、務必要讓肌膚喝飽水
  夏季辦公室內都需要開空調,那麼,長期待在空調環境中,皮膚特別容易缺水,美眉們最先需要做的皮膚護理工作就是補水。首先,從皮膚表面開始補水,可以在辦公桌上準備一瓶保濕噴霧,隨時拿起來噴一噴,另外,可以在旁邊擺上一個加濕器,能夠避免肌膚的水分流失。每晚睡前的補水保濕面膜也一定不能忽視哦!從身體內部來說,美眉們要每天至少喝上八大杯水,補充足量的水分,可以一定程度上避免肌膚乾燥缺水。
  2、徹底潔面擊退暗黃
  對於辦公室美眉們來說,整日要面對著電腦工作,那麼,皮膚的清潔就是絕對不能忽視的,尤其是每天下班之後對於皮膚的清潔。下班之後的皮膚狀態,是已經勞累疲憊了一整天的,而且沾滿了靜電吸附的污垢和粉塵,這些都要通通清洗乾淨,肌膚才會健康。美眉們在下班之後,需要立即用溫水,加上清潔功能較強的洗面奶搭配,徹底潔面,清潔面部肌膚之後,再立即敷上深度清潔的面膜來鞏固肌膚護理。下班之後的皮膚清潔護理相當重要,美眉們如果不重視這一點,肌膚就很容易變得暗沉發SRF膠原直擊療程技術在當前激光法去暗瘡印中比較受歡迎,其擁有療程短,激光快速,安全無副作用,無任何疼痛等優勢,具有有效去除臉上暗瘡印,凹凸洞等問題,同時也全面緊緻皮膚,提升面部輪廓,收細毛孔,改善皮膚等也是患者所希望治療效果。
  3、防輻射的護理工作要到位
  整日面對著電腦工作,電腦的輻射是非常大的,對於肌膚的傷害也是極大的。因此,美眉們要做好防輻射的皮膚護理工作,上班前一定要自信細緻塗抹防曬霜,並將防曬霜隨身攜帶,每個兩個小時補塗一次;其次,美眉們要多喝綠茶,來幫助對抗輻射;辦公桌上也可以擺上一盆仙人球,來幫助吸附電腦輻射,同時,美眉們還需要多吃一些對抗輻射、抗氧化的食物,例如生菜、花菜等等,可以幫助對抗氧化、延緩皮膚衰老MIOGGI 皮秒
  讓我們看看這些白領平時補水的方法有哪些?務必要讓肌膚喝飽水,每晚睡前的保濕補水面膜也一定不要忽視哦!徹底潔面吉退暗黃,防輻射的護理要到位,每天做到這些補水保濕皮膚一定每天都水潤潤的光滑而又有彈性,對美容致關重要,想當美女可不能偷懶MIOGGI 24k蝸牛面膜?

文章轉自http://mr.wenkang.cn/jkhf/bsbs/2128915.html

をくらった子犬になった気分

「やだ 葵さんたら、子犬だなんて」
今日はずっと子犬の気分なんだぜ。

おれたちは美花のベッドの端に座った。
「美花、おれに告白することってなんだ。それもすごく気になるんだが」
「あ… それね… う~ん 恥ずかしいなあNeo skin lab 介紹人

美花は照れたように頬をそっと手で押さえて、しばらく躊躇っていた。
やがて決心したように小さく頷くと口を開いた
おれはどんな告白が飛び出すのだろうと可愛い口元を見つめた。

「葵さんに『君はどうしてろくに知りもしないおれと結婚しようと決めたんだ』と聞かれたことがありましたよね」
「ああ、君は大学で見たおれの写真に憧れていたと答えてくれたが」

「はい。確かにそれはそうなんですけれど、あの時話さなかった違う想いもあったんです。隠していたという訳ではなくて、自分の中ではっきりしていなかっただけで」
「というと?」

「あの素敵な写真を撮った人はどんな人だろうと興味が湧いて、サークルに残されていた先輩方の写真集を見ていた時に、葵さんの伝説を周囲の人から聞いたんです」
「おれの伝説? 多分ろくでもない話だろう」
美花は少し困ったように眉を下げたNeo skin lab 美容

「『金に飽かせて女と遊び呆けているバカ御曹司。そのくせ女の扱いは酷く冷酷』さしずめそんなところかな」

「そこまでではないですけれど、まあ遠くもない…かな。ごめんなさい。でも葵さんの撮った写真とのギャップがあまりにも大きくてわたしには信じられませんでした。で、葵さん自身の写真もあって、わたしそれを見たんです」

「どうだった。随分荒んだ目つきをしてただろう。大学時代にはすでに自分でも呆れるほどの暮らしぶりだったからな」

「う~ん、そうじゃありません。わたしには、葵さんの目に何とも言えない悲しみを感じたんです。でも写真の被写体を見つめる温かな眼差しとどこか通じてるって何故か思いました」
自分の目がどんな光をたたえていたかなんて、考えたこともなかった。
他人には無様な生き様が丸見えだったのかもしれないと恥ずかしくなるNeo skin lab 美容

「それに、この人どこかで見たことがあるって思ったんです。知っている顔かもって…」
「おれの顔を? どこで?」

「それが、あちこちで… 」
「例えば?」

いていこうと思いたちましし

好きすぎるゆえの辛口のつっこみなどもありますが、1ファンの勝手な感想ということでご容赦ください清數

二次小説なども、アップしていくつもりです。

二次小説と言っても、瑠璃と高彬のいちゃいちゃぶりとか、そんな感じのお話です。

あまりにあからさまな表現はとっておりませんが、少しきわどいシーンもあります。

これまた1ファンの勝手な妄想としてご容赦願います。
1話完結のものもありますが、順番で読んでいただいた方がわかりやすいものもあります。

タイトルに「第○話」とふってあります。

ブログの特性上、最新作が一番上の記事になってしまいますのでご了承ください。

その話によって設定が違ってくることもあります。(瑠璃たちの結婚前、結婚後とか)

カテゴリーである程度は分けてありますので、興味のあるところからお読みください行使價是什麼

また、当ブログは原作に沿っておりますので、カップリングは瑠璃×高彬のみです。

読後のクレームなどは受け付けておりませんので、ご自身の判断でお読みになってください。

また、全てを読破した上での感想ですので、どれもこれもがネタばれとなりますので、未読の方はご注意くださいませ。

当ブログはリンクフリーではありません。

リンクをご希望される場合はご連絡くださいますようお願いいたします。(ブログの内容によってはご希望に添えない場合もございます)

当ブログ内の文章の無断転用はご遠慮下さいますようお願い致します。

コメントは承認制にしております。

管理人が不適切と思ったコメントは予告なくそのまま削除、または返信をつけない場合がございま實德環球す。

また悪質な非公開コメントは、管理人の判断で必要に応じて公開する場合もございます。

『「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ』及び、乳姉妹ブログ『「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ*plus』に頂いたコメントの著作権は当ブログに帰属します。

てた姿を俺は間近で見てた

「……それっ。今、司のこと思って笑ったでしょ」
「……え?」
「心の狭い男だって思うだろうからずっと黙ってたけど、そういうのイラっとしてここら辺が重くなる」
 言いながら俺は自分の鳩尾辺りを押えた。
 我慢するのを止めたせいか、口調もどこかキツめになる椰子油
「俺の知らない2人の時間とか……そういうの想像するだけで煮えるように熱いよ」
「……ごめん」
 俺の言いたい事が伝わった牧野は落ち込んだ。
 責めたい訳じゃなかったのに……こんな風にしか伝えられない事がもどかしい。
 好きだからそういう感情が生まれる。
 それはとても嬉しい事なんだけど……。
「……俺もごめん……」
 あんたが初めてじゃなくて……。
 過去に好きになった人がいたから……。だから今あんたにこんな苦しみを味合わせているんだろ。
 前へ進みたいのに、過去の事が足を引っ張る……。


「……俺が思うのは……俺達のその過去は変えられないから……だから、今から沢山思い出作って塗り替えて行く……じゃダメ?」
「塗り替える?」
「……ん、例えば……そうだ。牧野って司とどこでデートした?」
「え? デート?」
 牧野は思い出すように考え込む。
「……」
「……」
「……前にさ、友達と庶民のダブルデートっていうのをしてたよな。あとはTOJが終わったあとも出掛けただろ?」
「うん。優紀達とは遊園地へ行ったりして、TOJの時は動物園……あっ、でもあれも2人っきりじゃなかった。リュウって子供もいて……ってなんでそんなに知ってるの?」
 答えながら気づいたように牧野は驚く牛奶敏感
「……だから間近であんたら2人の事見てたって言ったじゃん。その動物園にさ、そこにまたあんたが他の誰かと遊びに行ったら思い出すだろ。司と行った事がある場所だって」
「……うん」
 小さく「多分……」って付け加えたのは、俺に気を使っての事だって分かった。
「その時に思い出して欲しいのは俺でいて欲しいって思う。……だから記憶の上書きに、司と行ったところを俺とも遊びに行こう」
「……っ」
「もちろん、受験が終わってからでいいから」
「……うん」
 彼女は不思議そうな目をして俺を見た。

「牧野はどうする? 俺と静が行った場所に行く? ……その場に着いた瞬間は静の事を思い出すかも知れない。……でもあんたと同じものを見て沢山話して、2人で楽しい思い出を上書き出来たらって思う」
「……」
 俺の言葉に牧野は考え込んだ。
 正直辛い事かも知れない……。そんな過去との思い出ツアーなんて……。見なくていいものなら目を瞑りたいって思ってしまう気持ちも分かる。
 だから俺は、もう1つの方法を提示した。
「……けど、その場にこれからずっと近づかないっていうのもあると思うよ。記憶は風化するから、時間が経てば忘れるものだし。10年後に行っても、もう静と行った事があったなんて思い出せないかも知れない乳清蛋白配方

王女に会うことじゃなかったんです

「サタンは、小さい頃、許嫁だったミーティア王女とは、自分の兄弟より仲が良かったんだよ。王女も本当は、サタンと結婚したかっただろうに。銀星の事故で二人には可哀想な事をしたと思うよ」去皺紋

 王子の話を聞いて、加奈は、さらにサタンが遠くの存在のように思えてきました。何かが心にグサリと突き刺さったような感じがしました。
 気持ちを入れ替えなければと、加奈は思いました。トリトンとの約束が叶えられない今、タイタン号を早く見つけ、地球に戻り、地球でグリーン生命体の事を勉強しようと思いました。宇宙の旅でグリーン生命体の存在はますます謎に満ちて、もう一度、初心に戻った方がいいように思えてきたのでした。何より、学生であった加奈は、普通の学生に戻りたくなったのでした。

「あの…サタンは?」
「王女と話があるらしく、朝早くにまた、城の方へ行ったよNeo skin lab 介紹人
“私が加奈とわかったのに会いにも来てくれない…。王女には、朝早くから会いに行くのに…。そうだよね…。私はサタンにとって、あの日助けた厄介者の女の子に過ぎないんだもの。サタンは優しいから…。ただ、面倒を見てくれているだけ。私、何を期待していたんだろう。バカみたい”
 加奈は、心の中でつぶやいていました。
「ああ、そうだった。今日は俺もサタンの仕事を手伝うから、ライと一緒に留守を頼むよ。王様から頼まれたモンスターの退治なんだNeo skin lab 電話

鷹が爪を見せたのが

任せられないと父上に進言するような姑息な手段で私の邪魔をしているだけだ。」
「ああ、それが目障りでどうにかできないかという事なのですね。
 でしたら一つ良い案がございます。 近く武術大会がありますねNeutrogena 細白晶透光能面膜機。」

ジョンヲルの言葉にジフンはそれがって顔をする。

「晏国の王女、アン・リセ王女が来訪するとの情報があります。」

アン・リセの名にジフンの顔が強張った。

「胡国が没して今や隣国となった晏国、その晏国と煌の国とは紆余曲折ありましたが、
 近年は話し合いがもたれるまでに改善しています。
 そこで晏国のリセ王女を正妃として迎える事は煌国にとって益となり、
 ジフン殿下を皇太子へと押し上げてくれるのではありませんか。」
「ふん、それならとっくに母上から言われている。」
「とっくに?」
「ああ、初めて言われたのは・・・胡国が没する前だ。
 胡王が亡くなった事で立ち消えとなっていたが、
 母上は以前から私が王女と結婚する事を望まれていた。
 だいたい、武術大会に王女を呼んだのも母上だぞNeutrogena 細白晶透光能面膜機。」

仮面の下でジョンヲルの顔が強張った。

「皇后が・・・晏国と・・・・・で・・は、私は・・必要ないのでは、ありませんか。」

動揺を隠して言う。

「それがそうじゃない。 つまり、私には他に妻にしたい人がいる。」
「それは・・・どちらのお嬢様ですか。」
「・・・・・・・ユ 大監の 娘・・・ユ・ヘイ嬢だ。」
「ユ大監といえば確か・・・第三皇子の・・・」
「ああそうだ、テギョンの許嫁だった。 だが私が先に名乗りを上げていたんだ。
 それを母上はリセ王女がいると、弟の相手にした。」
「晏国の王女と大監の娘では、秤にかけるまでもないですからね。」

動揺は続いていたが、まるで何か腑に落ちたように納得した顔で言って、
ジョンヲルはふと思いついたように微笑む。

「では晏国の王女を正室として迎え、ユ大監のご息女は側室になさればいいのではNeutrogena 細白晶透光能面膜機・・」
「それができればとっくにしている。
 ユ大監が皇太子妃としてでなければ認めないと言っているんだ。」
「それは、・・・困りましたね。」